FC2ブログ

2020・2月、和太鼓TAKERUコンサート、威風

先日、和太鼓タケルのコンサートに行って参りました。昨年、11月23日に娘の結婚式で、余興メインで祝福の太古を売って頂きました。私は、和太鼓が好きでイベントがあれば見に行くのですが、タケルさんの和太鼓は中でも群を抜いています。
2020-02-03 00.33.28_R
2020-02-02 15.48.59_R
和太鼓は、シンプルにして奥が深いように思います。私は、和太鼓は素人ですが、音楽は様々聞きますが、和太鼓は人間の元から
持っている生命の躍動感を引き出してくれるようです。更にタケルさんの和太鼓は全生命をかけての勇猛な打込みなので、アスリートというより、格闘を倍速したような実感です。
この日は、三味線奏者の山中信人さん、笛奏者の武田朋子さんが、コラボしての演奏です。御両人とも、今は、多忙なスケジュールの中を空けて頂いたようです。私は、初めて聞きましたが、このコラボ合うんですね。和のイメージはどちらかというと情念があり、しっとりとした感じがあることが多いと思いますが、それをメロディ-に残しつつ、突き抜けるような激しさを醸し出します。
2020-02-02 15.52.44_R
和太鼓奏者に女性も1人いましたが、ワイルドな面持ちで筋肉隆々なのに笑顔が素敵です。
2020-02-02 16.02.16_R
タケルさんは、この通りの甘いマスクで、一見、弦楽器の奏者のようですが、打込みの時は格闘家のような形相です。
この日は、終盤、手が攣ってしまい、数秒止りましたが、後でわかったことですが、靭帯損傷などの傷で手術しなければならなかったようですが、それを押しての全力投球でした。一瞬一瞬に全てを掛けているんでしょうね!
只、末長く演奏して、継承してもらいたいので自分を大事にしてもらいたいものです。
2020-02-02 16.02.50_R
武田さんも、私の娘の結婚式で打って頂きました。戦闘的な風貌で勇ましい感じですよね。太鼓も激しい気迫が伝わるような打ち方を聞かせてくれます。
私は、コンサートを終えて胸がスキッとして、力強くどんどん後押ししてくれるような実感です。
この日本らしい誇りを、更に世界に発信していけるように願いたいものです。
スポンサーサイト



プロフィール

橋本武

Author:橋本武
創和メンテナンスのあれこれブログ!

建築塗装・内装の仕上工事を原点として、自然素材を使用した、ホタテ貝と石灰の混合左官材・塗料で、シックハウス・湿気・結露などの住宅や食品工場等の環境改善
を行ってきました。その経験を生かした新築・リフォームに現在まで取組み、丈夫で快適で健康な住宅をお客様に御提供しております。創業20年の工事学習を生かし各種機関と連携し、住宅・建物の瑕疵調査・鑑定・提案を業として御報告して参りました。
更に日本の伝統文化住宅である古民家の再生・活用を、推進し、古材を使ってモダンに仕上るリフォームなども行っています。ブログでは私のライフワークをあれこれと
ご紹介し、見て頂いた方と長い友人のようになれればと思っております。

最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カテゴリー
過去のブログ記事
最新コメント